新着情報「食の都庄内」のおいしい情報

2019.12.27 up

【旬のやまがた美食レシピ】庄内浜紅えび丼~飛島産ギバサを添えて~ 


■ 今が旬でおいしい! 庄内浜産「紅えび」
  庄内浜は、全国でも有数の甘えびの産地です。その色形が女性の唇に紅を塗ったように見えることから、「紅えび」と呼んでいます。
  紅えびは7~8月の禁漁期間を除き、年間を通し安定して水揚げされますが、もともと深く冷たい海を好んで育つため、海水温度が下がる12月~1月は特に赤い色が鮮やかで、身が締まり美味となります。まさに、今が「旬」の食材です。
  紅えびは、小ぶりながらとても甘味が強く、刺身で食べるのが最もおいしいことから、今回は生食用の紅えびを使ったレシピをご紹介します。このレシピは、山形県漁業組合が考案し、全国漁業協同組合連合会が毎年開催している「Fish-1グランプリ」で、昨年度、見事、準グランプリに輝いたレシピ(県広報誌「県民のあゆみ」令和2年1月号に掲載)です。飛島産のギバサとのマッチングをぜひお試しください。
 「紅えび」は、県内各量販店で、「ギバサ」は、「生活協同組合共立社」や「庄内海丸(生活協同組合共立社「コープしろにし」内)」で購入可能です。

■ 【庄内浜紅えび丼レシピ】
●材料(1人前)紅えび(ホッコクアカエビ・甘えび)むき身 50
  g/ギバサ(アカモク) 15g/酢飯 200g/大葉、小葱、ワサ
  ビ少々/ウズラ卵 1個/アボカド 少量
●作り方
 (1)アボカド少量を小指の先程度の大きさに切ります。
 (2)ギバサを包丁でとろみが出るまで叩きます。
 (3)紅えびの頭を素揚げにします。
 (4)酢飯を盛り、大葉、紅えびむき身、ギバサ、アボカド、ウズ
    ラ卵、頭の素揚げの順にのせて出来上がりです。
庄内浜紅えび丼

庄内浜紅えび丼~飛島産ギバサを添えて~


プライドフィッシュロゴ

 ※紅えびは、「プライドフィッシュ」に選定されています。「プライドフィッシュ」とは、思わず感動せずに
  はいられない魚の本当のおいしさをもっとたくさんの人に知ってもらうため各都道府県の漁師が季節ごとに
 「今一番食べてほしい魚」を選定し、発信していく取り組みです。

紅えびポスター

紅えびポスター

 

contents

庄内の食材が食べられるお店
リンクについて
ホームページについて
ロゴマークについて
資料について
リンクについて

事務局山形県庄内総合支庁地域産業経済課 tel.0235-66-5490 fax.0235-66-4953