「食の都庄内」クイズライブラリー 野菜・くだもの


第1問  食卓を華やかにする菜花

ほろ苦さが特徴の菜花ですが、三川町では甘く、苦みがほとんどない「○○ボシ」という国内でも珍しい品種の菜花を栽培しています。
さて、○○ボシとは何でしょう?
  • A.スラリボシ
  • B.チラリボシ
  • C.キラリボシ
 




答え …… C キラリボシ

キラリボシ
三川町横山では地域特産作物として、「キラリボシ」の菜花(なばな)を生産しています。
「キラリボシ」とは、東北農業研究センター(岩手県盛岡市)が開発した新品種の菜の花で、他の菜の花と比べて色が濃く、甘味が強いのが特徴です。それにいち早く注目し、国内で初めて栽培に着手したのが三川町の生産者でした。
生で食べても、加熱しても苦みはなく、甘くて美味しいと評判の「キラリボシ」。おすすめの食べ方は天ぷらで、さっと揚げて食べると、花の甘味が口いっぱいに広がります。彩りもきれいなので、湯がいたものをご飯に混ぜても食卓が華やかになります。
皆さんもぜひご賞味下さい!


 
 

contents

庄内の食材が食べられるお店
ロゴマークについて