「食の都庄内」クイズライブラリー 水産・畜産物


第10問  庄内浜の絶品“舌平目”

庄内浜で獲れる“舌平目”として有名な魚は、表面が黒っぽく、ある動物の舌に似ていることから“クロ○○ノシタ”と呼ばれます。
さて、何の動物でしょう?
  • A.ウマ
  • B.ロバ
  • C.ウシ
 




答え …… C ウシ

ウシノシタ
庄内浜で獲れるクロウシノシタは、体長約30〜35cmで、身が柔らかく淡白な味で美味しいです。
新鮮なクロウシノシタを見分けるポイントは、表面が色鮮やかで、透明なぬめりがあり、肉厚で、よく身が引き締まったものを選ぶと良いです!ムニエルや煮付けにして食べてみてはいかがですか?
【簡単☆クロウシノシタの皮むき】
①黒い表面を下にしてまな板に置きます。頭がとれないよう、皮一枚残して頭に切れ込みを入れます。
②黒い面を上にして、頭を持ち、ゆっくり皮を剥いでいきます。急ぐと途中で皮が切れてしまうので注意して下さい。
③同じ要領で、白い面の皮もゆっくり剥いでいきます。※滑るようでしたら、指先に塩を付けると滑りにくくなります。
④皮むきの完成!お好みの料理に合った下処理に進んで下さい。


contents

庄内の食材が食べられるお店
ロゴマークについて