紅花菜

庄内のおいしい食材

紅花菜

べにばなな

季節「通年」


山形県の県花である「紅花」は栄養価の高さから近年、生食での利用も初まっています。特に「紅花菜」は、年中通して美味しく食べることができるため、一番の注目株です。
また、風邪をひきにくくする効果や、美肌効果があるとして知られる“ビタミンC”や、血行改善、皮膚の健康を保つ“ナイアシン”などを多く含んでおり、石鹸にも利用されているなど利用価値の高い作物です。
「紅花菜」は、クセがないのでどんな料理にもよく合います。普段の料理に加えたり、付け合わせとして添えれば彩りを良くすることもできます。一般的にはゆでて生姜醤油をつけて食べたり、サラダ、ゴマ和え、玉子とじ、天ぷらなどにして食べられていますが、サッとしゃぶしゃぶにして、お好きなつけダレで食べても美味しいです。「紅花菜」を茹でた茹で汁にも栄養素があります。みそ汁やスープにすると栄養をすべて摂ることができるのでオススメです。また、紅花菜の粉末はお茶と一緒に沸かしたり、ヨーグルトに混ぜてデザート感覚で食べることもできます。
酒田市で紅花生産を営んでいる「カトちゃん畑」では、「紅花菜」を、より多くの方々に広めるため、酒田市内のホテルで、シェフを講師に「紅花料理教室」を開いたり、「紅花まつり」として摘み取り体験をするイベントを開催しています。「紅花料理教室」ではスープ、サラダ、スパゲッティーなどを作り、参加者からは「こんな食べ方もあるんだ。」「家でも作りたい。」などと好評を得ています。

「青木勝助師匠の『日本で一番の健康な県にしたい!』という思いを私も受け継いで頑張っています。」と語る「カトちゃん畑」生産者の加藤富子さんは、紅花入り大根漬けのベテラン!冬季限定で酒田市内スーパー「ト一屋」で販売しています。また、紅花菜(生)は同スーパーで年中購入できるほか、紅花菜の粉末、紅花乱花、石けんなども商品化され、販売を展開しています。紅花菜の粉末、紅花乱花などの加工品は、ホテルリッチ&ガーデン酒田内のレストラン「ふきのとう」、加工品と紅花石けんは「なかまち気まぐれさろん」にて販売中です。
粉末にするため乾燥中

粉末にするため乾燥中

  カトちゃん畑生産者のみなさん   (上段右が加藤富子さん)

  カトちゃん畑生産者のみなさん   (上段右が加藤富子さん)


【連絡先 各種イベント問い合わせ】
加トちゃん畑 (代表:加藤富子)
TEL&FAX:(0234)22-2023 携帯:090-6786-8865
【紅花菜販売店】
ト一屋みずほ通り店
住所:酒田市松原南4-1
TEL:(0234)21-2606 営業時間:10:00~22:00
【紅花菜の粉末、紅花石けん販売店】
なかまち気まぐれさろん
住所:酒田市中町1丁目3-28
TEL:(0234)24-1637 営業時間:10:00~17:30
紅花菜加工品

クリックで拡大します


【紅花菜の粉末、紅花乱花販売店】
ホテルリッチ&ガーデン酒田内レストランふきのとう
住所:酒田市若竹町1-1-1  TEL:(0234)26-1117
営業時間:ランチ11:30~14:00 ディナー18:00~21:00


contents

庄内の食材が食べられるお店
ロゴマークについて