山の恵みをいただく宿、山里で癒す心と体

青嵐舎

自家製くるみ豆腐

朝日連峰の麓にある古民家を利用した宿。宿泊の際の食事は、春には山菜、秋にはきのこなど山里ならではの食材を中心に、いわゆるごちそうとは一線を画した素朴で心と体に優しい料理を出している。また、薬草や庭のハーブを使ったローション作り等、さまざまなワークショップも企画しており、食だけに留まらず自然の恵みを五感で味わう宿となっている。

左上:外観 右上:内観
左下:地元の山菜
右下:山菜を使用した料理の一例

おすすめポイント

古民家を利用した建物ではゆったりとくつろぐことができる。

メニュー

平成27年度に向けメニュー検討中
(山菜、きのこ、くるみほか)
店名
青嵐舎(せいらんしゃ)
住所
鶴岡市大鳥字高岡55-18
電話
0235-55-2508
FAX
0235-55-2508
営業時間
(2日前までの完全予約制)
※現時点で食事は宿泊のみの予定
定休日
不定休
駐車場
5台
アクセス
JR鶴岡駅から車1時間
庄内あさひICから車40分
HP
http://www14.plala.or.jp/seiransya/

contents

庄内の食材が食べられるお店
ロゴマークについて