庄内のおいしい食材

山形県は日本海に面した庄内地方と、出羽山地をへだてた内陸地方のふたつに大きく分けられます。鳥海山と出羽三山に抱かれる庄内平野は、夏と冬の温度差が40度近くにもなる独特の気候や、最上川・赤川の恵みによって、多彩でなおかつ味わい深い食材に恵まれます。昔ながらの在来作物が数多く残るのも庄内の特色の一つです。また、豊かな自然環境のなかで育まれた魚介は、緻密で奥深い味わいに満ちています。

新しく紹介された食材

RSS

  • 羊

    07月16日

    イタリア料理店「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ奥田政行さんが、初めて口にした時「その素晴らしさに鳥肌がたった、美味しさのスタート地点が他と全く違う」と語る羊肉があります。


  • 豚

    07月16日

    古くから、米どころとして知られてきた庄内。田圃に良質な堆肥を還元する、農耕に使うなどのため、ほとんどの農家では家畜を飼っていました。


  • やまがた地鶏

    07月16日

    やまがた地鶏

    家の庭に棲む鳥であることからその名がつけられたという鶏。日本には少なくとも2000〜3000年前に東南アジアから中国大陸を渡ってきたものと考えられ、全国各地でさまざまな品種がつくり出されていきました


通年を通しておいしい食材

 
 
 

 
 
 
 

春のおいしい食材

 
 
 
 

 
 
 
 

夏のおいしい食材

 
 
 

 
 
 
 

秋のおいしい食材

 
 
 
 

冬のおいしい食材

 
 
 
 

 
 
 
 

contents

庄内の食材が食べられるお店
ロゴマークについて